冷え性になるとぐっすり眠れなかったり、肩こりや腰痛がひどくなってしまったりと、体中に色々な症状が出てきます。そして、冷え性を放っておくと、症状がますますひどくなり、体調不良が続いてしまいます。この冷え性は女性に多い症状で、高齢になるにつれて冷え性の症状を訴える人は増え、75歳以上の女性の8割が冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)であると言われています。加齢によって血管が収縮し、血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)が起こりやすいことから、冷え性を引き起こしてしまうようです。この血行不良によって引き起こされる冷え性の一種に、末端冷え性というものがあります。末端冷え性(手足などが冷えることをいいます)というのは、体は温かいのに手足の先が冷たくなっている状態のことを言います。これは手足の先の毛細血管(動脈と静脈を繋いでいる細い血管をいいます)までうまく血液が回っておらず、自分の体の温度と外気の温度の調整がうまくいかなくなってしまうために起こります。その結果、うまく睡眠がとれなかったり、寝付けなかったりする為す。また、血行不良になると細胞の働きが衰え、肌荒れやニキビなどの肌トラブルのもとにもなってしまうようです。この末端冷え性(湯たんぽや腹巻きなども効果的です)は、ただめったやたらに手足をお湯で温めるだけでは改善されず、一時的に温かくなってもまたすぐに冷えてしまうでしょう。なぜかというと、手足の先は一番心臓から遠い位置にあるため、一時的に手足を温めても根本的な解決にはならないからです。まずは、内臓がある体の中心部を温めることが効果的です。人の体はまず内臓から温めようとするので、内臓が冷えていては手足の先まで血液が行き渡りません。末端冷え性の疑いがありますからあれば、まずはお腹から温めることをお勧めしますー